歯磨きも要注意?

 睡眠は毎日の大切なビューティーチャージの時間。より上質なものにするためにやってはいけないことってどんなこと? タブー行動、美しくありたい女性こそ注意してみてください♪

寝る直前の歯磨きは要注意?

夜に歯を磨かない人はいないでしょうが、歯磨きで交感神経のスイッチを入れてしまうことがあるんです。その原因は、歯磨き粉のミントフレーバーや冷水。歯磨き粉のミントには覚醒作用があるので、すっきりフレーバーの歯磨き粉を使っている場合は要注意! また、冷水で口をすすぐことも刺激になり、交感神経にスイッチが入ってしまいます。少しぬるめのお湯を使うか、食後すぐに歯を磨いておき、就寝直前の歯磨きを避けるのもいいですね。早く歯磨きをすることで、夜のちょこっとつまみ食いを防ぐかも!

ジャージやTシャツはNG!

夜、適当なジャージやTシャツを着て寝る女性も多いかもしれませんが、実は全身の血流にも悪い影響を及ぼす可能性があるんです! 寝ている間は寝返りを打ちますが、この寝返りで私たちは血流を促したり、熱を放出したりして自然に身体を調整しています。そこに、締め付けられて身体を動かしづらいジャージや普段着を着て寝てしまうと、自然な寝返りが打ちにくくなります。だからこそ、身体を締め付けないパジャマなどの専用のナイトウエアを着ることがとても大切なのです! 気持ちも明るくなるような快適なナイトウエアを身につけて、快適な睡眠の準備をしましょう。

寝る2時間前からパソコン、スマホ、テレビは見ない!

就寝前に明るい光やブルーライトを目に入れることは、交感神経を刺激して眠りを妨げてしまいます。眠る直前までスマホやテレビを見たりしてしまいがちですが、毎日の積み重ねが良質な睡眠を妨げるばかりか、なんと子宮の働きまで低下させてしまうのです! 実は目と子宮には密接な関わりがあるので、酷使することで子宮にも影響が及ぼされてしまいます。美人は寝ている間に作られる...と言われますが、眠る前のこれらの行動が美を遠ざけてしまうことに! 眠る2時間前から部屋を暗くして、自然な眠りを誘うように環境を整えていきましょう。

この記事へのコメント