あなたはどのタイプ?

だれでも、脂肪が気になる箇所があるのではないでしょうか? どうしても落ちない脂肪って、なにをやってもダメ……。そんな悩みも、もしかしたら脂肪のつき方によって解決方法が見つかるかも。タイプ別によって原因がことなるのでチェックしてみましょう。


さまざまなタイプがある

生活習慣は違うものです。同じ食事を食べていても、仕事や日中の行動によって脂肪のつき方に違いが。また食事を摂生しても、体を動かしていなければ筋肉が落ちて代謝が悪くなり、脂肪がつきやすくなります。脂肪のつき方により、不規則な食生活や運動不足が見えてきます。


おもに上半身が気になる顔や腕、お腹や背中まわりが気になる人。この部分に脂肪がつきやすい人は、食べすぎによる脂肪が蓄積されているのが原因。甘いものや油ものをとりすぎていませんか? カロリーにかかわらず、栄養のある食事にきりかえましょう。

背中の脂肪が気になる背中の脂肪が気になる人は、きっとお腹もちょっとでっぱっているのでは? お腹がでっぱっていると背中にまで脂肪が流れて上半身全体をでっぷりとさせてしまいます。このような状態になると肥満に近い状態です。

お腹まわりだけボテっとしている上半身はほっそりして見えているけど、お腹は隠さないといけない――という人はストレス太りの可能性があります。ストレスは胃腸にくるといいます。慢性的にストレスを抱えていると脂肪が蓄積しやすい原因に。

お腹がポッコリお腹だけポッコリとでてしまっている人は、メタボの可能性があります。内臓脂肪が多くなってお腹がポッコリしている状態。運動不足により内臓脂肪が増えています。

お尻と太ももがでっぷりしているお尻から太ももにかけてでっぷりとしている人は、余計に体を大きく見せてしまう体型です。座る時間が長くあしを動かさないとお尻や太ももには脂肪がつきやすくなります。また、食生活のなかで小麦粉類の摂取が頻繁ではないですか? グルテンが含まれている食事は下半身太りの原因です。

手足のむくみが気になる手足のむくみが気になる人は、体全体の代謝が悪くなっています。水分の排出がうまくできない体になってしまっているため、手足にむくみが生じます。運動や食事制限をすると、余計にむくみがひどくなることが。胃腸が丈夫ではない可能性があるので、消化にいい食事を心がけるといいかも。
どのタイプにあてはまった?

どのタイプにも共通していえることは、食生活と運動です。部分やせは難しく、気になる箇所だけの脂肪を減らすことはなかなかできません。少しずつでもいいので、食生活を改善し、運動をとり入れるだけで体調もよくなってきますよ。

この記事へのコメント