牛乳がニキビの原因に?

「骨が丈夫になるから牛乳を飲みなさい」。子供の頃、そのように言われて育った世代の方が多いのではないでしょうか? 
カルシウムが豊富な牛乳は、骨の形成に効果的と言われてきました。

しかし近年、その牛乳の摂取がニキビの原因になる可能性が指摘されています。ここでは、
牛乳の成分とニキビの関係性を見ていきましょう。


「女性ホルモン」を多く含む牛乳

現在、市場に出回っている牛乳には「女性ホルモン」が多く含まれています。それは生産性を高めるため、妊娠中の牛からも搾乳しているためだと言われています。
 つまり牛乳を飲むことで、私たちは「女性ホルモン」も摂取することになるのですが、
 この女性ホルモンの1つ「プロゲステロン」が、体内で「テストステロン」という男性ホルモンに変換されるのです。

 一般的に成人男性は皮脂分泌量が女性の約2倍で角質も硬く、それは男性ホルモンの働きが影響しているとされています。
 つまり、牛乳を飲んで男性ホルモンが過剰になると、男女問わず皮脂の分泌量が増え、硬くなった角質とともに毛穴を塞いでしまうので、ニキビができてしまうということにつながるのです。


動物性脂質の過剰摂取

 もう1つ、牛乳を含む乳製品とニキビを結びつけるとされているのが「動物性脂質」。動物性脂質は摂取しすぎると皮脂が過剰分泌され、毛穴詰まりの原因になります。
 前述の通り、皮脂の過剰分泌はニキビにつながります。牛乳を飲むことをやめる必要はありませんが、特に皮脂分泌の多い思春期には、摂り過ぎに注意したほうがよいでしょう。

この記事へのコメント